1. HOME
  2. ブログ
  3. Canon レーザープリンター
  4. 事務機器評論 #01

SUPPORT

サ ポ ー ト

Canon レーザープリンター

事務機器評論 #01

 
 
加藤 真一の事務機器評論、今回は 、、、
LBP443i. LBP442. LBP441. LBP441eです。
 
 
この機種を使ってみた感想は「 印刷が濃い!」の一言に尽きます。
CanonのA3モノクロプリンターを利用していた人は大概同じ感想を持つと思います。
 
印刷が濃い分、印字枚数は少なめなのか
ISOチャートで カートリッジ寿命の9100枚を刷れないことも 、、、
 
プリンターのパッケージングは、
さすが Canonさん! 毎度のことながら凄く上手いと感じます。
ただし、余計なところを触らせないぞ!と言うCanonさんの気持ちも伝わってきます。
 
紙詰まりで切れ端が内部に絡まった際には苦労させられます。
その点、再生品を使用する場合は、
異常が発生してもカートリッジ交換で復帰できる ので適してます。
 
騒音は、やはりレーザーなので五月蠅く(うるさく)、
静かなオフィスでは印字完了が音で分かります。
連続印刷100枚程度なら凄く良くできたプリンター ですが、
連続で1000枚以上をするとプリンターが熱くなり、やがてサボりだすので注意が必要です。
 
印刷物は250枚しか置けない ので、それ位が目安かも知れません。
また、小さな紙を大量にする人には廃棄トナーが溜まり易いので向かないかも  、、、
シールプリントは、糊で手差し給紙ローラーが痛みやすく注意!
 
サイズは、もちろんA3レーザーだから大きく、専用の場所を準備することが必要です。
上に開く場所はないので、高さ方向は必要ない感じ…ラックに置くことができます。
 
A3を給紙トレイに入れるとプリンター背面から飛び出るので場所の確保が必要です。
LBP443i. LBP442. LBP441までは両面機能が標準装備!
パソコンからデータを送って数秒で印刷される速さは満足できます。
 
LBP443i.LBP442. LBP441で200枚連続印刷するのでなければ印刷速度に違いはなく、
モノクロ両面印刷をしないなら価格面からLBP441eがベスト!
 
純正トナーカートリッジは大容量が一般向けの販売はしていません。
1~2ヵ月で9000枚以上印刷するハードユーザー向けプリンターではないので丁度良い。
大容量版のカートリッジ042Hは、一部の特約店で純正品が、再生品は各社が販売中です。
 
 

関連記事